The Happening:005 にて、絵画作品の展示をしました。



2014.10.27(mon)-10.30(tue)
プロパガンダヘアが主催するアートエキシビジョン
The Happening:005 」に参加させて頂きました。
会場は目黒の CLASKA 8F “The 8th Gallery”

総勢13名による展示で、国外で活躍されている方も半数ほどいらっしゃいました。
知る人ぞ知る明和電気さん率いるMeeWeeDinkeeさん、ロンドンを中心に活躍されているMomoko Suzukiさん、韓国人アーティストTammy Jungさんなど、国内外で活躍されている方と同じ空間で展示させて頂けたことは無上の喜びでした。

事後報告になりますが、ぼくの絵画3点を紹介します。






展示風景は↑の感じ。
会場は仄暗く、それぞれの作品にスポットライトが当てられ、集中して展示作品を観賞できる空間になりました。

she 01 1000mm × 1000mm Acrylic on canvas  ¥60,000- 

今作は自然と人間について描きました。
何十億年という遥か昔に、光合成細菌などによる働きで酸素が大気中に流れ出なければ、ぼくたちの祖先は生まれてこなかったでしょう。
今の世界には多くの生命に溢れ、自然界では様々な生物が共存しています。ヒトもその一部です。

そんな「地球のこと」に焦点を当てて朝、昼、夜の3つにわけて3作描きました。

she 02 1000mm × 1000mm Acrylic on canvas  ¥60,000-

タイトルは母なる地球(マザーアース)をsheという代名詞を使うことで、身近で、ぼくたちと親密な関係であることを表しました。
実際、英語圏では母なる地球を指してsheと呼ぶことから命名しました。

she 03 1000mm × 1000mm Acrylic on canvas  ¥60,000-

南アフリカの周辺をイメージして描いた3作目。
CO2の取り込みを夜に行い、昼に還元するCAM植物であるアロエなどを配置し、世界三大珍植物と呼ばれる、生涯2本の葉を伸ばし続ける奇想天外(Welwitschia mirabilis)や、過酷な環境に適応した球根植物などを描きました。
画面右下には火を焚く男女が座っています。

説明くさい絵にするつもりはないので見てくれを気に入って頂けたら幸いです。



実は最近、友人と共にmitsugenの小冊子(ZINE)を制作しました。
それを出展者や来場者された方に挨拶しながら配ってきました。

オーガナイザーがヘアメイクをされていることもあり、美容関係のお偉い方々とお話をすることが出来ました。
少しはmitsugenのことも宣伝出来たかなと思います。


絵の購入希望者はぼくへご連絡下さい。

この度は素晴らしい機会を与えて下さったプロパガンダヘアと関係者の皆々様に心よりお礼を申し上げます。

http://www.propagandahair.jp/005/


2014. 11.4

ラベル: ,